太陽光発電システム
太陽電池で発電した電気を利用し、余った電気は電力会社に売却し電気が不足した場合は電力会社から購入する画期的なシステムです。
「環境問題に適したシステム」

「国・地方公共団体からの補助金制度」

「余剰電力は電力会社へ売却し、不足する場合のみ購入」
地球全てが発電所〜あなたも環境に貢献できます〜
自然の恵みを最大限に利用し、地球にやさしく、エネルギー問題に貢献出来ます。
万が一の災害などがあっても、日照時なら電気が使えます。
発電で節約。合理的な電気使用方法。
発電した電気はタダで使えます。また、あまった電気は電力会社へ売却することが出来ます。
発電出来ない曇天や夜間は、通常通り電力会社から電気を買います。
warning
家の方角や屋根の面積等色々な要素が絡みます。
太陽が当たり辛いところへ設置しても効率は良くありません。
京都議定書
 地球温暖化防止の施策として、京都議定書が2005年2月16日に発効され、日本は2008年から2012年の間にCO2などの温室効果ガス排出量を1990年にくらべて6%削減することが義務づけられました。
地球に優しい
太陽光発電システムはクリーンエネルギーとして環境に優しく、二酸化炭素の削減にも貢献しています。
お気軽にご相談下さい。

HOME