指定工事業者で
 地域の暮らしをとりまく環境は今どんどん変わりつつあり、快適な日々、住みよい街づくりのための
下水道施設普及の大切さがますます注目を集めています。
 ふるさと砺波においてもその整備・充実に力がそそがれており、昭和59年に着手した公共下水道
事業は着々と進んでいます。
 健康で快適な生活ができるよう、下水道本管工事が終われば、すみやかに排水設備(家庭や事務
所から出される排水を公共下水道に流す排水管や汚水ます)を設置したいものです。
 オオタ総合設備では市指定業者ならではの確かな技術をもったプロフェッショナルとして、皆様のご
要望にお応えいたします。
指定工事業者に依頼
安価に工事してくれる業者がいます。しかし、安価である条件は、何らかを犠牲にする必要があるものです。
過去には配管の資材選定が不適切であったり、設計不備などによる問題が発生しました。
俗にいう「やり逃げ」です。
事後、メンテはおろか、相談にすらのってもらえません。
可能な限り、業者の下調べをしてから依頼することをおすすめいたします。
アイテム排水設備と公共下水道
図
図
図
トラップとは
排水管内に排出される水にはさまざまな汚物が混入しており、排水管あるいは排水ピットなどの内壁に付着して腐敗し、悪臭を持つ有害なガスや伝染病の原因となる衛生害虫などを発生させます。
また、下水道の下水ガスなどが排水管内を上昇気流に乗って建物内部に侵入し、居住空間を非衛生的な状態にします。
これらを排水管内の汚染空気が排水口から室内に侵入してくるのを確実に防止するのがトラップを設置する目的です。

HOME  なぜ?下水道なの  合併処理浄化槽